Category Archives: TVドラマ・映画・本で英会話

アボリジニが歌うまで世界は存在しなかった~ブルース・チャトウィンの『ソングライン』でマンツーマン英会話

原書『The Songlines』(ソングライン、ブルース・チャトウィン著)を読みながら、カーラ先生のレッスン

アルビン・ラズロー博士の言葉に重なってゆく~原書『SONGLINE』(ブルース・チャトウィン)を読みながらマンツーマン英会話

原書『The Songlines』(ソングライン、ブルース・チャトウィン著)を読みながら、カーラ先生のレッスン

アボリジニのドリームタイムと旧約聖書の『創世記』~ブルース・チャットウィンのソングラインでマンツーマン英会話

 原書『The Songlines』(ソングライン、ブルース・チャトウィン著)を読みながら、カーラ先生のレッス

アボリジニの哲学~地球から採取しすぎたその代償は、数々の戦争で流された人々の血~ブルース・チャトウィンのソングラインでマンツーマン英会話

 英会話プライベートレッスンの先生、カーラさんの自宅の玄関には、タイの友達からもらったという大きなブッダの置物

ブルース・チャトウィンの『SONGLINE』(ソングライン)でマンツーマン英会話~チャトウィン(Chatwin)の語源は「曲がりくねった道」

 『The songlines』の著者、ブルース・チャットウイン(Bruce Chatwin)は子供の頃、自分

ドリームタイムとは~原書『The Songlines』(ブルース・チャトウィンのソングライン)でマンツーマン英会話

 ブルース・チャトウィンの『ソングライン』を原書でよみながら、カーラ先生のレッスンを受けています。  『ソング

ブルース・チャトウィンのソングラインでマンツーマン英会話~モレスキンという手帳

‘Do you mind if I use my notebook?’「ノートを取って

原書『SONGLINE』(ブルース・チャトウィンのソングライン)で英会話マンツーマンレッスン~「ブルース・チャトウィンと書物の旅」

 ブルース・チャトウインのことを知ったのは、一年前。冒険家の石川直樹さんがJ-Waveの企画でオーストラリアを

原書『SONGLINE』(ソングライン、ブルース・チャトウィン著)でマンツーマン英会話~アボリジニに伝わるその土地の物語

 ふとしたきっかけで、ある人のことが心に残り、その人のことを深く知りたくなることがあります。  彼らがどう死ん

映画『A Hard Day’s Night』(ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! )でリヴァプール英語(Scouse)

 英会話学校で英語を習い、リスニングなどある程度自信がついたつもりでいたのですが、外国の著名人のインタビューな

映画『Liam』(がんばれ、リアム)でアイルランド民謡

 舞台は1930年代初頭のリバプール。不況のあおりで閉鎖となった造船所で働いていたカソリックのリアムの父Dad

映画『The Queen』(クイーン)でスコットランド英語

 スコットランドの上流階級では、子どもたちをイングランドの有名パブリックスクールで教育を受けさせることが多いと

映画『The Full Monty』(フル・モンティ)でシェフィールド英語

 ”full monty”とは、もともと英国北部で良く使われたスラングで、一般的には、

映画『Billy Elliot』(リトルダンサー)でニューキャッスル英語(北部訛り/ジョーディー英語)

 イングランド北東部の炭坑町、ダラムに住む11歳のビリー。父は彼にボクシングを習うことを強要しようとしますが、

映画『Star Trek Into Darkness』(スタートレック・イントゥー・ザ・ダークネス)でスコットランド英語

  Montgomery ‘Scotty’ Scott(モンゴメリー・スコット)は、S

映画『Hunger』でアイルランド英語

 1980年10月10日、7人のIRA服役囚は次のような声明を発します。 「我々は権利として政治的認知と政治犯

『Wuthering Heights』(嵐が丘)でヨークシャー英語

 ヨークシャー生まれのエミリー・ブロンテ(Emily Brontë)の長編小説。物語の舞台はヨークシャーの荒野

映画『The Damned United』(くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!)でヨークシャー英語

 リーズ・ユナイテッドAFC(Leeds United Association Football Club)は

映画『Riff-Raff』(リフ・ラフ)でイギリス英語

 1979年に成立したサッチャー保守党政権の支配した80年代を通じて、イギリスは労働組合の弱体化を経験して行き

映画『Ae Fond Kiss…』(やさしくキスをして)でスコットランド英語

 舞台はスコットランドのグラスゴー。カソリックの高校で音楽を教えるロシーンはアイルランド出身。ある日教え子の兄

映画『Carla’s Song』(カルラの歌)でスコットランド英語

 グラスゴーでバスの運転手をしているジョージが偶然ニカラグア人女性のカルラに出会い、二人はニカラグアを訪問しま

映画『My Name Is Joe』(マイ・ネーム・イズ・ジョー)でスコットランド英語

 様々な国や地域の人々の英語に触れていると、その人々が暮らす時代や社会、その背後にある問題、経済や政治、社会的

レン・デイトンの『Bomber』(爆撃機)でロンドン英語

 現代イギリス作家のレイ・デイトン(Len Deighton)は、一冊の本のなかで十数回も登場人物が話すアクセ

Kevin Bridgesの『The Story So Far Live In Glasgow』でスコットランド英語

 Kevin Bridges(ケヴィン・ブリッジズ)は1986年生まれ。スコットランド、ウェスト・ダンバートン

コメディ『Limmy’s Show』でスコットランド英語

 スコットランド英語の特徴の一つはglottal stop(声門閉鎖音)。閉じた声門が開放されて起こる破裂音を

コメディ『Limmy’s Show』でグラスゴー英語(Glaswegian Accent)のお勉強

 Glaswegian Accent(グラスウィージャン・アクセント)とは、グラスゴーで話されている英語。発音

映画『Kes』(ケス)でヨークシャー英語

 「英語は一つではない」ことを体感したいならこの映画と、チャールズ先生(横浜関内)が薦めてくれた作品です。先生

映画『The Angels Share』(天使の分け前)でスコットランド英語

 映画はグラスゴーの警察裁判所のシーンから始まります。主人公のロビー(Robbie)は暴力事件の罪に問われてい

映画『FILTH』(フィルス)でスコットランド英語

 スコットランドと言えば?「スコッチウィスキー、バグパイプ、タータンチェック」。スコットランドについて何も知ら

映画『Sweet Sixteen』でスコットランド英語

 Ned。スコットランドのスラング。社会的立場が弱く、十分な教育も受けておらず、反社会的、暴力的な傾向がある不

映画『Promises』(プロミス)で時事英語

 アラブ人の挨拶「こんにちは」は、“As-salamu alaykum”(アッサラーマ

映画『Black Gold』(おいしいコーヒーの真実)でアフリカ英語

 一杯330円のコーヒーで、コーヒー農園の方に入るお金は3円?この比率をお当てはめるとファストフードやコンビニ

映画『We Come as Friends』でアフリカ英語(南スーダン)

映画『Darwin’s Nightmare』の監督でもあるHubert Sauper(フーベルト・

映画『Darwin’s Nightmare』(ダーウィンの悪夢)でアフリカ英語(タンザニア)

 ムワンザは、ビクトリア湖畔にあるタンザニアの第二の都市。ある日誰かが湖に放したナイル・パーチにより、在来魚が

映画『Machine Gun Preacher』(マシンガン・プリーチャー)でアフリカ英語(南スーダン)

 映画の冒頭、次のメッセージが表示されます。   ”BASED ON THE LIFE OF SA

映画『The Last King Of Scotland』(ラストキング・オブ・スコットランド)でアフリカ英語(ウガンダ)

 1970年代にウガンダで独裁政治を敷いたイディ・アミン。1971年に彼が大統領に就任してから独裁者へと変貌し

映画『Captain Phillips』(キャプテン・フィリップス)のアイルランド系アメリカ人

 実在の人物の名前がそのままタイトルになった映画『キャプテン。フィリップス』(Captain Phillips

『Agent Orange -a personal requiem-』(花はどこへいった – ベトナム戦争のことを知っていますか)でアメリカ英語

 敗戦後70年、日本では戦争体験者の話を聞くことがだんだんと難しくなってきました。戦争を知らない世代は、それを

映画『Nowhere In Africa』(名もなきアフリカの地で)のアフリカ英語

 「アジア人」といってもそこには様々な国で生まれ、異なった歴史や文化や宗教をもつ人々がいるのと同じように、「ヨ

映画『The Sheltering Sky』(シェルタリング・スカイ)でアフリカ英語

 空はなぜ青いのでしょうか?それは太陽光線の中の青い光だけが大気中の分子にぶつかって乱反射するから。本当の空の

映画『The Power Of One』(パワー・オブ・ワン)でアフリカ英語

 主人公のPKは、1930年南アフリア生まれ。両親はイギリス系白人。通常、アパルトヘイトを扱った映画は「黒人」

映画『The First Grader』(おじいさんと草原の小学校)でアフリカ英語

 キマニ・マルゲは世界最高齢の小学生としてギネス記録を持つ実在のケニアの老人。彼にはどうしても英語を学ぶ必要が

映画『Lord of War』(ロード・オブ・ウォー)でアフリカ英語

ユーリ・オルロフはウクライナからアメリカへの移民。東西の冷戦終結後、ウクライナの兵器庫にあった銃を海外に売りさ

ドキュメンタリー映画『Shake Hands With the Devil: The Journey of Roméo Dallaire』(元PKO部隊司令官が語るルワンダ虐殺)でアフリカ英語

 映画『Hotel Rwanda』(ホテルルワンダ)や『Shooting Dogs』(ルワンダの涙)にも登場す

映画『The Constant Gardener』(ナイロビの蜂)でアフリカ英語(ケニヤ)

 ケニヤで慈善活動に励んでいた女性テッサ・クエイル(Tessa Quayle)は、ある事実をつかみます。製薬会

映画『Desert Flower』(デザート・フラワー)でアフリカ英語(ソマリア)

 数週間のアフリカ旅行から羽田空港に戻ってくると、誰もが急いでいるように見えて驚くことがあります。電車の改札に

映画『Black Hawk Down』(ブラックホーク・ダウン)でアフリカ英語(ソマリア)

 1994年、ルワンダで「大量虐殺」が行われた際に、米国国務省は “genocide”(大量虐殺)という言葉は

映画『AMANDLA!』(アマンドラ!希望の歌)でアフリカ英語

 アフリカのザンビアを8月に旅したときに、朝と夜の温度差に驚きました。朝は寒く長袖のジャンバーが必要なのに、昼

映画『Searching For Sugar Man』(シュガーマン 奇跡に愛された男)でアフリカ英語

 1970年にアメリカで発表されたアルバムSixto Diaz Rodriguez(シクスト・ロドリゲス)の『

映画『Shooting Dogs』(ルワンダの涙)でアフリカ英語

 アフリカ大陸のほぼ中央に位置する小国ルワンダで、長年続いていた民族間の争いが、1994年大量虐殺に発展します