アボリジニが歌うまで世界は存在しなかった~ブルース・チャトウィンの『ソングライン』でマンツーマン英会話

原書『The Songlines』(ソングライン、ブルース・チャトウィン著)を読みながら、カーラ先生のレッスンを受けています。

何度かこの箇所を、読み直しました。

なぜなら、ここにアボリジニにとっての「音楽」、そして「ソングライン」の意味が記されていると感じたからです。

Aborignals could not believe the country existed until they could see and sing it – just as, in the dreamtime, the country had not existed until the Ancestros sang it.

アボリジニ達は、彼らがそれを見て、歌うまで、その世界が存在しているとは考えない。

ちょうど、世界がまだ彼らの夢の中にだけあったころ、先人達がそれを歌うまで、この世界は実在しなかったように。

『The Songlines』(14ページ)

そして今日、『地球交響曲第六番』の予告篇をナレーションを聴いて驚きました。

最近のめざましい科学の進歩によって、ミクロの原子から大銀河まで、この宇宙の全ての存在は、それぞれに独自の“音楽”を奏でていることが分かってきました。

「人間が音楽をつくる以前に、“音楽”が人間をつくった」

という宇宙物理学者もいます。

『地球交響曲第六番』予告篇より

この宇宙物理学者は、まさに、アボリジニの『ソングライン』伝説とまったく同じことを言っているのではないでしょうか。

(*)TokyoPros.ブログ『The Songlines/ソングライン』を旅する』2006年7月 6日より転載

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ