映画『Ondine』(オンディーヌ 海辺の恋人)でアイルランド英語

ondine_xlg アイルランド南端の小さな海辺の町キャッスルタウンベアが舞台。ある日、漁師役のコリン・ファレルは、網に若く美しい女性がかかっていることを発見します。彼女はスコットランドの神話に登場するアザラシの化身セルキー(Selkie)に違いないと彼の娘は言います。

 市場調査会社OnePollが女性5000人に対して行った調査によれば、世界で一番セクシーな英語のアクセントはアイルランド人とのこと。ただ、これにはコリン・ファレル自身の魅力が大きく影響しているようです。

 そもそもアイルランド英語とはどのような英語なのでしょうか。ロレット先生(西大井)が次のような体験をシェアしてくれました。

 「先日アイリッシュパブに行ったのですが、アイルランドから日本に来てまだ一週間程しか経っていないというバーテンダーと話しをしました。ところが、彼の言っていることが40%位しか聞き取れないのです。発音の違いもありますが、それ以上にイントネーションが違うのです。お互い英語のネイティブ・スピーカーであっても、イントネーションが違うと理解できないのです。」

 どうやら、アイルランド英語はネイティブ・スピーカーにとっても聞き取りが難しい英語のようです。しかし、その難しい英語もコリン・ファレルの魅力が解決してくれそうです。彼のセクシーな英語を、耳元で繰り返し繰り返しヒヤリングしてみませんか。

先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ

▽trailerのトランスクリプトです。予告編では、動画が切り合わせているのと同じように、同じ人のひとつ台詞でも、途中が省略されるなどして、切り合わされている部分があるため、実際の映画の台詞とは若干ことなることがあります。下記のトランスクリプトは、trailerにあわせています。

Syracuse:
– Once upon a time…
Annie:
– Does it always have to be “Once upon a time”?
Syracuse:
– There was a fisherman. And he was pulling in his nets…
Annie:
– Was she a mermaid?
Syracuse:
– No.
Annie:
– Was she a selkie, then?
Syracuse:
– What’s a selkie?
Annie:
– She comes out of the sea. Lives on land

Syracuse:
– My name’s Syracuse. And you’ve been sober for two years. This is where they all clap
The priest:
– Did you see that in the movies?

The fisherman:
– There’s a girl here, Circus.
Syracuse:
– Is that illegal?
The fisherman:
– No, but… it’s unusual.

Syracuse:
– Yeah, I stole. Some ladies’ clothes.
The priest:
– I don’t like this at all
Syracuse:
– They were for this girl I met.

Ondine:
– Thank you.

Annie:
– So, what’s the story?
Syracuse:
– She sings to the fishes and he catches them. She brings me luck…
Annie:
– That would be Selk.

Syracuse:
– How long are you staying?
Ondine:
– Depends on you.
Syracuse:
– Depends on me, you can stay forever.

Ondine:
– I’m Ondine.

Syracuse:
– What’s it mean?

Ondine:
– She came from the water.

Annie:
– I’m examining you for webs.

Annie:
– Selkie women stay for seven years… Unless her selkie husband claims her back.

Maura:
– What kind of stories are you spinning?

Syracuse:
– I’m afraid, Father…

Syracuse:
– Misery is easy. Happiness you have to work at.

Maura:
– Who is this woman, Annie?

Syracuse:
– You’re my sobriety buddy.

– We don’t belong here

Maura:
– Give it here…

Annie:
– I don’t want you to go.

Ondine:
– Annie!

Syracuse:
– I know something’s going to happen, something wonderful. Or terrible.

Syracuse:
– She was drowned

Ondine:
– You brought me back to life.

Syracuse:
– Ondine!

 セルキーについては、『フィオナの海 – Child of the western isles』 (ロザリー・K・フライ著 矢川澄子訳)の後書きにその神話が紹介されています。ご興味のある方はあわせてお読みください。

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ