なぜアメリカ英語はイギリス人を怒らせるのか~”it is what it is”

 イギリス英語とアメリカ英語。その違いを知っておくことは、コミュニケーションにおいても大切なことですね。

 Matthew Engelさんの”Why do some Americanisms irritate people?”。のコラムに、読者からたくさんの意見が送られてきました。それを纏めたのがAmericanisms: 50 of your most noted examples“(イギリス人を怒らせるアメリカ英語の文例ベスト50)。

 ETCマンツーマン英会話のコリン先生にもこのコラムを読んでいただいて、50の表現の中からいくつか、先生のご意見を伺いました。今回はこの投稿。よく耳にするフレーズです。

7. “It is what it is“. Pity us. Michael Knapp, Chicago, US
     (Americanisms: 50 of your most noted examples – BBC NEWS より)

 「イギリス英語では下記のように言うのではないでしょうか。

  That’s the way it is.
  That’s how it is.

「そういうものさ」、「それが現実さ」という意味です。

  It is what it is.

多分これは最近生まれた、新しいフレーズなのではないでしょうか。言葉は、より長い間、頻繁に使われるようになれば、より広い地域に広がって行きます。皆が気に入って使うようになるかどうかが、このフレーズの今後を決めて行くことになるでしょうね。」 

解説:コリン先生(目白)

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ