マンツーマン英会話ワンポイント・レッスン~”stuff”と”thing”のニュアンスの違いを教えてください

q_mark.gif
映画、『カールじいさんの空飛ぶ家』で、次のような表現がありました。

  He’s really good at camping and how to make fire from rocks and stuff.

「もの」、「こと」は英語で、”thing” といいますが、”stuff” もよく耳にします。”thing” と”stuff”は 、ニュアンスにどのような違いがあるのでしょうか。

a_mark.gif
“stuff”は、単純に”thing”の置き換えですが、”stuff”の方がカジュアルな表現です。

たとえば、 “my stuffs”、”my things”, “my belongings”、はすべて同じ意味、「私のもの(たち)」と言う意味ですが、 “my stuffs”が、一番カジュアルな言い方です。

また、”thing”というと、完璧に物の代名詞のように使われますが、”stuff”は、 「物の名前がそれほど重要でない」とか、「なんだかよくわからない」ようなときに使います。「はっきりしていないもの」、「その類のもの」、「もの類」のような意味合いです。

例えば、目の前にある物体の名前はわからないけれど、まさにそれを指して言うときは、”the thing”と言ったりします。一方、”stuff”は、「いろいろなもの」を指し示したり、カジュアルに「あの変な物体は何?」 という時に、What’s that stuff over there?”と、言ったりします。

このシーンでも、「彼ははキャンプが得意で、石とかいろいろなものを集めて火を起こすのが上手かった」という意味です。火を起こすときに「具体的に何」を燃やしたとは言っていない、「周りにあるいろいろなもの」を使ったというニュアンスが伝わるのではないでしょうか。

カジュアルな表現なので会話ではよく使いますが、例えば仕事のe-mail等には書かないほうが良いと思います。

【解説 マンツーマンETC英会話 ダイアン先生/目黒

☆ダイアン先生のお話を音声(RadioETC/ポッドキャスティング)でも聞くことができます。

“stuff”と”thing”のニュアンスの違い

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ