マンツーマン英会話ワンポイント・レッスン~仮定法がもっと日常会話で使えるようになるには?

q_mark.gif
 文法的には理解しているつもりでも、いざ会話となるとなかなか上手く仮定法を使うことができません。何かよいアドバイスはありませんか?

a_mark.gif
 仮定法の例文を一つ挙げてくださいと言ったら、ほとんどの生徒さんがこの例文を挙げるので、驚いたことがあります。
 
  If I were a bird, I would fly to you. 
  ”もし私が鳥だったら、あなたのもとへ飛んで行くのに”

 日本人にとって最も有名な例文の一つなのかもしれませんね。唄の歌詞にもなりそうな素敵なフレーズですが、日常会話の中で応用するには、少々使いづらいと思います。

 仮定法で表現するできる事柄には、大きく分けて二つのタイプがあります。一つ目は”実現不可能”なこと、”ありえない”ことを想定して、気持ちを伝える表現です。先ほどの「人間が鳥になる」というのもこのタイプの一つですが、下記のような例文の方が日常会話では使いやすいでしょう。

  (a) [実現不可能なこと]
   If I ware you, I would act differently. — (a)
   ”もし私があなただったら、違った行動をとるでしょう。”

 でも、現実には「私があなたになる」なんてことは、”ありえない”ことですね。

 二つ目は、”実現可能”だけれど、”今の状況とは違うこと”、”反対のこと”を想定する場合です。

  (b) [実現可能だが、今の状況とは違うこと]
   If you went to the picnic, you would enjoyed it. — (b)
   ”あなたもピクニックに行けたら、楽しいのに”

 何らかの理由でピクニックに行かないと言っている友達を、「行けば楽しいのに」と説得している様子が目に浮かびますね。今とは異なった状況を想像してみることで、目の前に新しい未来が開けて行く。仮定法にはそんな力があるのかもしれません。

 このように、「実現不可能」なことだけでなく、「実現可能」なことを想定している(b)の例文も覚えておけば、仮定法がもっと身近なものになるでしょう。先ほどの「鳥にはなれないから、会いに行けない」と諦めていた例文のあの人も、こんなフレーズで勇気付けることはできないでしょうか?

   They would be very happy if you could go and see them.
   ”会いに行けばいいのに。みんなとっても喜ぶのに”

 「やっぱり会いに行こう。きっと何か良い解決方法があるはずだ」 そんな気持ちになっていただけたでしょうか? 【解説; マンツーマンETC英会話 ダイアン先生

☆ダイアン先生のお話を音声(RadioETC/ポッドキャスティング)でも聞くことができます。

  ▽仮定法を”If I were a bird”で覚えない

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ