Th-Fronting ~ 『Only Fools and Horses』で笑いながらマンツーマン英会話(5)

51f3XXzNoVL._SL500_AA300_.jpg■コックニー(Cockney)発音の特徴(3)~Th-Fronting

 Th-Frontingとは、綴りの ‘th’ の部分を、dental fricative ([θ], [ð]) の代わりに [f], [v] で発音することを言います。

たとえば、

  think ⇒ [fɪŋk]

  mother ⇒ [mˈʌvə]

とのように発音します。カタカナ英語はお奨めしませんが、敢えて書いてみると

  フィンク

  マヴァー

のように聞こえます。

 全く別の単語に聞こえてしまうこともありますが、BBCテレビの大人気コメディー 『Only Fools and Horses』を観て、楽しみながらTh-Frontingに慣れてゆきましょう。

 

 次のシーンは、「自分達の人生にはいつもいろいろなものが欠けている」とロドニーが自分達の境遇を嘆いているシーンです。motherless(母のない)、fatherless(父のない)の発音に注意して聞いてみてください。それぞれ、マーヴァレス、ファーヴァレスの様に聞こえませんか?

Transcript

Rodney:

Do you realise we’ve always had something missing in our lives.

First we was motherless, then we were fatherless and now we’re flogging one-legged turkeys from a three-wheeled van.

僕達の人生はいつも何かが欠けていることに気づかない?

まず母がいなくなって、そして、父もいなくなった。今は一本足の七面鳥を三輪のバンで売っている

Del:

Little acorns.

小さなどんぐり

Rodney:

What, you got one of them missing as well Del?

何?それも欠けているの、デル?

Del:

No. Marks and Spencers started off with a barrow.

そうじゃない。マーク&スペンサーズも手押し車から始まったんだよ。.

Rodney:

At least they had four wheels.

少なくとも彼らは四輪車だった。

Del:

Stop going on about that van will you.

もう、バンの話は止めろよ。

Little acorns.は、次のことわざからの引用です。

  Great oaks from little acorns grow.

  カシの大樹も小さなドングリから育つ。

でも、そのことがロドニーには伝わりませんでした。そこで、デルは大手小売店のマーク&スペンサーの例を上げます。あの大企業も最初は四輪車から始めたんだと。

※参考URL

Cockney ― コックニーの発音を練習してみよう

Only Fools ans Horses FANS SITE

※参考図書

『Accents of English 2』 (J.C.Wells 著)

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ