“hate”が”ate”に?~『Only Fools and Horses』で笑いながらマンツーマン英会話(4)

ofhs.jpg■コックニー(Cockney)発音の特徴(2)~H-Dropping

 前回は、コックニー(Cockney)の発音では「h」の音が脱落するためHong Kongが「オンコン」に聞こえる場面を『Only Fools and Horses』から紹介しました。

 「ホンコン」が「オンコン」になるぐらいでしたら、話の前後関係で理解できると思うのですが、この音が脱落するというのは、実際のコミュニケーションでは色々と誤解が生じるのでは?『Only Fools and Horses』の中にこんな例を見つけました。

 おじいちゃんのグランダッドは孫のロドニーに「エンペラーバーガー」を買ってきてくれるように頼んだのですが、彼が買ってきたのは「チーズバーガー」でした。「エンペラーバーガー」は、このドラマに登場する架空のメニューのようですが、名前からして一番高そうですね。「お金がなくてチーズバーガーしか買えなかった」とロドニーは言いますが、おじいちゃんは納得しません。

【Transcript】

Grandad:

He knows I hate cheese!

彼は私がチーズが嫌いなことを知っているんだぞ!

Del:

Will you stop going on about that rotten cheeseburger, will you!

もう腐ったチーズバーガーの話は止めてくれないか!

僕にはこの

  He knows I hate cheese!

  「彼は私がチーズが嫌いなことを知っている」

が、「hate」の「h」が脱落したために

  He knows I ate cheese!

  「彼は私はチーズを食べたことを知っている」

と聞こえてしまうのです。

意味は正反対。意思疎通に問題が生まれそうです。ネイティブ・スピーカーにはどのように聞こえ、どのように対処しているのでしょう。次回、ETCマンツーマン英会話のコリン先生のレッスンで確認してみようと思います。どうぞお楽しみに。

◎コリン先生出演のPodcasting/RadioETC

コックニーの特徴~H-dropping

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ