マンツーマン英会話ワンポイント・レッスン~イントネーションの大切さについて教えてください

ETCマンツーマン英会話
発音以上に、イントネーションが大切だという話を良く聞きます。また、イントネーションが変わることによって、その文章の意味あいもかわってくるとのことですが、具体的にどのような例を教えていただけますか。

ETCマンツーマン英会話
イントネーション、つまりどこで切る、どこで上げる、どこで下げる、そして何処を強めるか。これを習得できた方の英語をネイティブスピーカーが聞いた場合、その方はとても英語が話せる方という印象を持つでしょう。

一方、日本語自体のイントネーションが平坦なため、イントネーションを付けて英語を話すのが苦手な生徒さんが多いですね。慣れていないので、恥ずかしいと感じてしまうようです。上達のこつは、思い切り、アップダウンをつけて、大きな声で喋ることです。

イントネーションを変える事によって、意味合いが変わるものとしては、こんな例があります。

 [Is] there a problem?

と言うように”Is”を強くすると、「大丈夫ですか?」と、相手の状況を気遣っているような意味合いになりますが、

 Is [there] a problem?

のように、[there]を強くすると、「問題でもあるの?」というように、高飛車な印象を与えてしまうことがあります。

【解説 マンツーマンETC英会話 モナ先生 (大森)

☆モナ先生のお話を音声(RadioETC/ポッドキャスティング)でも聞くことができます。

イントネーションで意味が変わる~モナ先生

 

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ