マンツーマン英会話ワンポイント・レッスン~”He’s got heart.”と”He’s got bruised.”の違い

q_mark.gif
映画『ジュリー&ジュリア』で、ポールにスパイ容疑がかけられ、厳しい取調べを受けた後に、疲れ果てた状態で家に帰ってくるシーンです。

  He came home exonerated but thoroughly bruised.

通常、「彼は傷ついた」を英語で言う時、最初に思い浮かぶ表現は”He’s got heart.”です。でも、ここでは、”He’s got bruised.”という表現が使われています。意味の違いを教えてください。

a_mark.gif
“He’s got bruised.”は、「彼は青アザを作った」という意味で、本来は外面が傷ついたときに使う表現で、精神的な傷を表すものではありません。でも、このシーンでは、心に青アザができてしまうくらいに、ぼろぼろに傷ついたということを表していると思います。

一方、”He’s got heart.”は、心の傷と肉体の傷のどちらにも使われます。

【解説 マンツーマンETC英会話 ダイアン先生/目黒

☆ダイアン先生のお話を音声(RadioETC/ポッドキャスティング)でも聞くことができます。

「彼は深く傷ついた」は英語で?

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ