マンツーマン英会話ワンポイント・レッスン~ “could”、“would”、“should”、”might”の違いを教えてください。

q_mark.gif
 「~かもしれない」と言う様な意味で、“could”、“would”、“should”、”might”を使う場合に、その使い分け方、意味やニュアンスの違いを教えてください。

a_mark.gif
 たとえば、「私はもっと上手いギタリストになれるかもしれない」を英語で言う際に、“could”、“would”、そして“should”を使う場合、ある条件を加えることで、その用法の違いがよりはっきりしてくると思います。

  ” I could be a better guitarist, if I practice more.”
   (もっと練習をすれば、私はより上手いギタリストになることができるかもしれない)

 つまり、このcouldは将来に置ける可能性を言い含んでいます。

  ”I would be a better guitarist, if I practice more.”
   (もっと練習をすれば、私はより上手いギタリストになるだろう)

 このwouldは、未来に関する推測、推量が含まれています。couldwouldはどちらでもほぼ同じ意味合いで使うことができます。

 一方、shouldを使うと、「本来既にそうあるべきだが、何らかの理由で実際はそうはなっていない」というニュアンスが含まれることになります。

  “I should be a good guitarist (but I am not), because I practice everyday”.
   (毎日練習をしているので、私は上手いギタリストであるはずだ。(だが実際は上手くない。))

 この意味合いを表現するのに、could や would で置き換えることはできません。

 mightには、“could”、“would”、“should”が表現していたニュアンスはなく、単に「~かもしれない」という一般的な意味合いになります。

    “I might be a good guitarist”
   (私は上手いギタリストかもしれない。(そうでないかもしれない))

q_mark.gif
  might
が一番不確かで、自信無く聞こえました。

a_mark.gif
  その通りですね。mightが一番一般的。ですから、「将来における可能性」も「未来に対する推測、推量」も伝わりません。
 
 たとえば、次のような状況でmightを使ってしまうと、相手を混乱させ、迷惑をかけてしまうことになるかもしれません。

  “Are you coming round tonight?”
   (今晩は遊びに来るの?)

  “I might.
   (行くかも)

  “Are you or aren’t you?”, “yes or no?”.
   (来るの?来ないの?どっち?)

  Well, I might.
   
(そうだなあ、行くかもしれない)

  “Well, are you? Because If you are, I am going to prepare things. 
   If you are not, then I am not going to prepare things”.
   (もし来るのなら、いろいろと準備をしておくし、来ない のなら、準備しないんだから)

  Oh, I might.”
   (そうなんだ、じゃあ行くかも)

 とても迷惑な答え方で、お相手もいらいらしていますね。

   【解説:ETCマンツーマン英会話 トニー先生(荻窪/富士見ヶ丘)

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ