マンツーマン英会話ワンポイント・レッスン~英語ができるようになりたい

q_mark.gif
大学一年生ですが、英語ができるようになりたいです。

 昔から英語は嫌いでした。でも、最近、留学してドイツ語の勉強をしようと思っているのですが、やはり英語ができないと不便だと感じるようになって来ました。ひとまず、最終目標は会話ができることなのですが、ジェスチャーや単語を並べる会話ではなくまともな会話ができるようになるのが目標です。スキルとしては中3の時に英検4級を取得。センターの過去問の筆記は160~180くらい。リスニングは本当にできません。

 writingとreadingとspeaking それぞれに有効だと思われる手段を具体的に教えてください。よろしくお願いします。

a_mark.gif
英会話(または日本語以外の外国語)を早く話せるようになるための基本的に大切なこと

1. 質問することを恥ずかしがらぬ事。

 恥ずかしがり屋の方はそうでない方にくらべると3倍から5倍位時間も費用もかかります。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥という有名なことわざがあるくらいです。とにかく同じことでもわからなければ何度でも聞きましょう。

2. 単語の発音と短文(ショートセンテンス)についてはイントネーションがとても大切です。

 これは絶対にネイティブの人の真似すること。例として40年以上前にはじめてアメリカに行った時ハンバーガーを食べたくてマクドナルドを探そうとアメリカ人に聞きましたが相手はなかなかわかってくれませんでした。既に皆さんもご存じでしょうがアメリカでマ・ク・ド・ナ・ル・ドと棒読みに言っても絶対に通じません。日本で通じている片仮名の外来語は英語ではないのだとはじめてわかりました。そしてマッドーナルといえば通じることが分かりました。今は海外との交流がとても多いので逆に笑いのネタになり日本式発音アクセントでも通じることがありますが・・。

 イントネーションが大事なことはそれがないとその国の言葉に聞こえないということです。逆にタモリさんのデタラメフランス語を聞いて日本に住んでいるフランス人の子供が「長く日本にいたからフランス語が分からなくなった」と言ってタモリのことばがフランス語なのに何を言っているのか分からないのは自分のせいと思って泣いてしまったというウソのようなホントの話があります。タモリさんのデタラメ外国語がそれらしく聞こえるのはその国の言葉のイントネーションや発音の特徴をうまく使うからです。

3. どんな難しそうな言葉でもその国の子供はなぜ話せるか?

 A.毎日使う必要な言葉
 B.興味のある言葉
 例。入社した時にどの人の名前から覚えるか、A、直属の上司
 B,美人できれいな人。
 
 必要なことや好きなことから覚えるのが自然です。

4. 日本文を英文に直して話すようではダメです。

 前もって必要な言葉は短いセンテンスに区切って30回くらい大きな声で言ってみる。あなたは”I love you.”という時に日本語から英語に訳していっていますか?既に頭に文章丸ごと記憶されているから考えなくても出てくるでしょう。文法で考えて口に出すようでは会話になりません。はない内容のイメージそのものが直接英語で出てこなければいけません。
  ルー・大柴さんにいわせればIがyouをloveなわけよとでも言うでしょうか。日本語に置き換えずに英語からそのままイメージを思いうかべるようになってください。

5. テキストにある例題を丸暗記するのではダメ。

 情景のイメージの変化を英語に置き換えられるようただの丸暗記するのでなく
状況の内容が変わった時にどのように単語を入れ替えて表現していくのか柔軟に覚えなくては実際の場面で役に立ちません。

 こんなことをおもいつきましたがおやくにたてたでしょうか?

ETC英会話 福本光一郎

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ