Peter Capaldiさんのスコットランド英語~『The Thick Of It』で笑いながらマンツーマン英会話(2)

The Thick Of It ETCマンツーマン英会話 BBCの大ヒットコメディドラマ『The Thick Of It』。Malcolmの指示に従って、記者会見を何とか乗り切った大臣のHughでしたが、状況が変わってしまったようです。ことの発端は首相が言った”should”は、”yes”という意味ではないということでした。

 この場面では、今度は Hughがshouldを使ってMalcolmを攻めようとしますが、なんなくMalcolmにやり込められています。そこからはshouldのオンパレード。Malcolmはshould を全く別の意味(F-word?)で使っているようにも聞こえます。

 さて、このshouldの発音ですが、イギリス標準英語では

   /ʃəd/

 のように唇を丸めずに発音します。一方スコットランド英語は

   /ʃud/

 のように唇を丸めて発音する傾向があるようです。

 イングランド人のHughはあまり唇を丸めずに発音しているのに対して、強調して発音しているためか、その傾向が強くなっている可能性はありますが、スコットランド人のMalcolmは唇を突き出して丸めているのが分かります。 ]

先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ

Malcolm Tucker: I’m hacked off, mate.

Hugh Abbot: But we killed it, it’s killed.

Malcolm Tucker: Yeah, “but once you start the fire, Malc, and we didn’t start the fire, it’s always burning since the world’s been turning” et cetera, et cetera…

Hugh Abbot: So… Malcolm, you’re not making any sence.

Malcolm Tucker: Prime Minister, obviously, he’s on the plane in Stokholm, someone hits him with The World At One. He thinks it’s the Treasury trying to stiff him one so he… he stuck with the story.

Hugh Abbot: He liked it?

Malcolm Tucker: Yeah, he’s backing the Snooper Force.

Hugh Abbot: Oh, right! We shouldn’t really then… You shouldn’t really have told us to… Should you?

Malcolm Tucker: Don’t should me, Hugh, ‘cause I’ll should you right back. I’ll should you right through that window! None of this should be happening, should it? Should it?

Hugh Abbot: Is that “should” in a sence of “yes”?

Malcolm Tucker: It’s “should” in a sence “you should do as you’re fucking told”!

Hugh Abbot: So what are we gonna do now?

Malcolm Tucker: You’re gonna completely reverse your position.

Hugh Abbot: Hang on a second… Malcolm…

※参考図書

 ▽英語音声学音韻論入門 (Philip Carr 著)

※関連サイト

 ▽The Thick of It IMDb

※関連ブログ

 ▽Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

 ▽IN THE LOOP – 岡本太陽

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ