マンツーマン英会話ワンポイント・レッスン~アメリカ大使館のコミュニティ・フレンドシップ・デーとは?

q_mark.gif
 アメリカ大使館主催のコミュニティ・フレンドシップ・デーについて教えてください。

a_mark.gif
 毎年、大使館職員宿舎(港区六本木2-1-1)敷地内で開催されるフェスティバルです。

IMG_0298s.JPG 主催はアメリカ大使館。マーチングバンド、パレード、子供向けのコーナーや野外ステージでの歌、演奏、踊りなどの盛りだくさんのプログラム。BBQ、ハンバーガー、ホットドックなど屋台もあり、アメリカンスタイルのお祭りが楽しめます。定員は5000名。チケットはコンビニエンスストアーで事前に購入しておく必要があります。(参加費は2012年で1100円)。とても人気があり即完売してしまうそうです。入場には写真付身分証明書の提示が必要。手荷物のセキュリティチェックがあります。

  – ☆ – ☆ – ☆ – ☆ – ☆ –

IMG_0271s.JPG いつもこの宿舎で英会話プライベートレッスンを受けている生徒さんにとっても、このコミュニティ・フレンドシップ・デーは特別な日になりそうです。普段のレッスンとは異なる会話が楽しめたり、レッスンでは実現しなかった特別な体験ができるかもしれません。  今年(2012年8月25日)はモニカ先生がカップケーキを焼いてくれました。これは、レッスンでも話題になった映画『Steel Magnolias(マグノリアの花たち)』(出演:ジュリア・ロバーツ、他)に登場するウェディング・ケーキを模したものです。

 ラズベリーがふんだんに使われていて、ケーキの中は鮮やかな赤。エネルギー溢れる先生の真っ赤な血のようにも思えてしまいます。口いっぱいにさわやかなラズベリーの味が広がりました。  この映画の舞台はアメリカ南部のルイジアナ州、家族愛とそれを取り巻くご近所の人々とのちょっと滑稽だけどあたたかい友情、そしてそれに励まされて力強く生きる女性たちの物語です。先生が焼いてくれたケーキは、映画の名シーンとレッスンでの会話を思い出させてくれました。

IMG_0274s.JPG 「映画で観たあのケーキが、まさかこんな機会に本当に食べられるなんて…」

 先生の心のこもったおもてなしに感謝の気持ちが溢れます。

 残暑厳しい晴天の一日でしたが、宿舎敷地内の芝生に座り、アメリカン・ビールで喉の渇きを潤しながら、話題は先生が動物看護師になった経緯や、東日本大震災の後に被災地のペットたちに行った支援活動など。先生の日本や日本人、そして動物たちへの思いをお聞きすることができました。

IMG_0310s.JPG 六本木の青い空の下でこんなアメリカミニ体験ができたのも、また先生とより近しくなれたものも、先生のご自宅でプライベートレッスンを受講していたからこそ実現したことのなのかもしれません。

 ETC英会話プライベートレッスンの良さは、なによりも先生とのフレンドシップを育む事ができること。そのことに尽きるのかもしれません。

[了]

追記: 横田基地でも同様に年に一度、フレンドシップデーが開催されています。

(*)関連リンク 映画『Steel Magnolias』 Connect USA

 

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ