マンツーマン英会話ワンポイント・レッスン~一つの表現にこだわり過ぎない

ETCマンツーマン英会話
『その英語、ネイティブにはこう聞こえます』(David A.Thayne、小池信孝 著)から質問です。「どこで乗り換えればいいのでしょう」と英語で聞くときに、Where must I chage trains?と言うと、mustは義務が生じるときに使われるため大げさな表現になってしまうそうです。”Where do I change trains?”と言った方が、より自然とのこと。今までずっとmustを使っていました。

ETCマンツーマン英会話
はい、”must”は、やや強いですね。

ただ、誰に対して、どのような状況で言うのかによっても異なってきます。場合によっては、mustを使って強調したほうが良い時もあるかもしれません。大切なのは、どのような状況下で、どのようにあなたの気持ちやメッセージを伝えたいかということです。ですから、文法や「正しい表現」と言われるものにあまり固執しすぎないことも大切です。

少し文法からは、自分を解放してあげましょう。そのかわりに、映画などを楽しみながら、他のネイティブ・スピーカーの人たちが、いろいろなアクセントや言い回しを使って、様々な場面で話しているのを注意しながら、できるだけたくさん聞いてみましょう。これも、英語の上達にはお奨めの方法です。

【解説 ETCマンツーマン英会話 カーラ先生(原宿)】

☆カーラ先生のお話を音声(RadioETC/ポッドキャスティング)でも聞くことができます。

need to と must の使い分け
 
 
※参考書籍
51pro5e%252BbaL__SL75_.jpg『その英語、ネイティブにはこう聞こえますSELECT』
(David A.Thayne、小池信孝 著、主婦の友社 刊) 

 

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ