‘over chocolate cake’の意味は?

 Trump told Xi of Syria strikes over ‘beautiful piece of chocolate cake’

(トランプ大統領はシリア攻撃について、絶品のチョコレートケーキを食べながら、習国家主席に伝えた)

アメリカのニュース・チャンネル「フォックス・ビジネス」がトランプ米大統領に行ったインタビューでのひとコマ。

「習近平中国国家主席との会談の際、シリアに対するミサイル攻撃について、どのタイミングで伝えたのか?」との質問にトランプ氏がどう答えたかを、イギリスの新聞「ガーディアン」(4月12日付)が報じています。

https://www.theguardian.com/us-news/2017/apr/12/trump-xi-jinping-chocolate-cake-syria-strikes

https://youtu.be/4eSz8GM5hvM

さて、この英文で分かりにくかったのが、 ‘over beautiful piece ofchocolate cake’‘over’の部分’。

‘over’は通常「~を超えて」のように訳していました。

「”ケーキ越しに”トランプ氏と習近平氏が話した?」などと訳してみましたが、どうも違うようです。

早速、西巣鴨のサイモン先生に質問してみました。

先生は「これはちょっとひどいニュース…」と日本語でつぶやきながらも、次のように説明してくれました。

「この場合の“over”は、“during”“while eating”の意味です。次のように使います」

Let’s discuss it over lunch.
「それは昼食を食べながら話そう」

We spoke about it over some delicious sushi.
「私たちはおいしい寿司を食べながら、その件について話をした」

※サイモン先生インタビューより

チョコレートケーキを食べながら、ミサイル攻撃について話している大国のリーダーたち。

映画に出てきそうな衝撃的なシーンですが、現実の話しのようです。

さて、対外政策に関しては批判的な論調が多いトランプ氏ですが、他方、国内雇用政策に対する米国民の期待は、就任から100日がたった今も強まっているようです。

トランプ氏は、石炭採掘の影響から河川を保護する規則(streamprotection rule)を廃止する議会決議案に署名しました。

この規制が施行されていたら、最大で7万8千人の炭鉱労働者が職を失うと言われていました。

下記は、炭鉱夫として働く夫を持つウエストヴァージニア州のクリスティーナさんのお話です。

※President Trump Has Been Good News for Coal-Country Families
 
また、米国北東部に位置するミシガン州では、2000年以降製造業において30万人の雇用が喪失したと言われています。

過去2回オバマ氏に投票したという労働者の方々が、今はトランプ氏に大きな期待を寄せています。

※This is the best news Donald Trump has had in a while

このようなトランプ氏の政策は、今後日本にはどのような影響を与えていくのでしょう。

今まで以上に海外のニュースに注目する必要がありそうです。

こんな風に、英語のニュースを調べていて、わからなかったこと、聞き取れなかった部分をメモしておいて、レッスンの際にどんどん先生に質問をしてみてください。

疑問がパーッと晴れたときの感覚は、とてもよい心地。

これを「アハ!体験」というのかも知れません。

それまで抱えていた疑問が、今度は知識となって自分自身を支えてくれるに違いありません。

※関連リンク
 英文e-mailは短文で。一つの英単語ですべての状況を説明できる語句を探すサイモン先生インタビュー

 ☆本メルマガの送付先メールアドレスの変更をご希望の方、また配信停止をご希望の方は、メールにその旨とご使命を明記の上、unsubscribe-news@etc-eikaiwa.com宛てお送りください。

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ