復習、スコットランド英語のshouldの発音~『The Thick Of It』で笑いながらマンツーマン英会話(3)

The Thick Of It ETCマンツーマン英会話 BBCの大ヒットコメディドラマ『The Thick Of It』。第一話のテーマの一つは”should”という言葉のようで、最初から最後まで、この単語が強調して使われています。

 Ollyは最近新聞記者のAngelaにふられたばかり。二転三転した政府の対応に腹を立てた彼女は、この失態を紙面上で暴露するとOllyに詰め寄っています。そこに、Malcolmが登場。なぜ彼女がそうすべきではないか(shouldn’t do)について説明というよりも、脅している場面。

 イギリス標準英語では”should”を唇を丸めずに

   /ʃəd/

 のように発音するのに対して、スコットランド英語では

   /ʃud/

 のように唇を丸めて発音する傾向があるようです。少し暗いですが、最後に”Maybe you should do it”という時の、Malcolmの唇のとんがり具合に注目してください。

 

Malcolm Tucker: Hi, Angela! Oh, like the hair, nice little corkscrews. How’s it going?

Olly Reeder: Fine. We were just talking about why Angela shouldn’t do a big story on the big insidery piece, kinda day of spin, sort of spread in the paper…

Malcolm Tucker: Oh, I don’t know. Maybe you should! Good idea!

Malcolm Tucker: Oh, wait a minute! I know why she shouldn’t! Because , you know, if she did that, she’d be dead. To me, to this department, to the government. And she’ll never get another story, or even fucking whiff of a story as long as she kept her sorry hack bitch face lingering around Westminster, because I would call every editor I know, which, obviously, that’s all of them and I’d tell them to gauge her name out of their adress books so she’d never even get a job on a hospital radio where the sad sack belongs.

 最後の”a job on a hospital radio”と言うのは、『Takin’ Over The Asylum』に、引っ掛けているような気がします。BBCの番組内での、セルフパロディなのかもしれません。

※参考図書

 ▽英語音声学音韻論入門 (Philip Carr 著)

※関連サイト

 ▽The Thick of It IMDb

※関連ブログ

 ▽Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ