機内安全ビデオに豪華映画俳優が続々登場する理由

Your life jacket is underneath or beside your seat.
(救命胴衣はお座席の下か横にございます)

 頻繁に海外渡航をする方には、見慣れてしまったかもしれない機内安全ビデオ。でも英大手航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(以下、BA)のビデオはちょっと違います。

 映画『ロード・オブ・ザ・リング』、『X-Men』等に出演しているイアン・マッケラン(Ian Mckellen)、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたキウェテル・イジョーフォー(Chiwetel Ejiofor)、そしてテレビドラマ『Xファイル』の主演女優ジリアン・アンダーソン(Gillian Anderson)等々、英国の有名俳優が次から次へと登場するのです。

 ビデオはメイキング映像仕立ての内容で、監督に扮するはコメディアンのアシム・チョードリー(Asim Chaudhry)。大俳優たちがまるで経験未熟なエキストラであるかのような上から目線で、迷監督は撮影を進めてゆきます。

Asim: And have you done any safety videos before?
(アシム:今まで安全ビデオに出演した経験は?)

Chiwetel: No, only feature films
(キウェテル:ありません。長編映画だけです)

Asim: Well this could be your big break ok mate, so don’t mess it up.
(アシム:これは君にとって大チャンスになるかもしれない。しくじるなよ)

先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ

 この楽しいビデオが実際に機内で放送されるのは2017年9月1日から。でも、一足先に下記のBAのサイトでご覧いただけます。英語の「ビデオ台本」も掲載されていますので、うまく聞き取れない箇所はテキストでチェックすることができます。

British Airways safety video – director’s cut 

 ビデオの最後の登場するのは『Mr.ビーン』ことローワン・アトキンソン(Rowan Atkinson)。誤って機内にばら撒いてしまった小銭を、シートの下にもぐったりして、一枚一枚大騒ぎで拾い集めて封筒へ。生活に困窮する世界各地の子どもたちに送られる募金用封筒です。

5140NnoBj3LこれはBAが、チャリティー団体「コミック・リリーフ」(Comic Relief)と共同で行っている募金活動です。

 同団体の創設者は脚本家・映画監督であるリチャード・カーティス(Richard Curtis)らで、1985年に設立されました。彼は『Mr.ビーン』(Mr. Bean)、『ノッティングヒルの恋人』(Notting Hill)、『ブリジット・ジョーンズの日記』(Bridget Jones’s Diary)の脚本や、『ラブ・アクチュアリー』の監督兼脚本など、数々の人気作品を生み出してきました。

 「コミック・リリーフ」の目玉イベントは、2年に一度3月に開催される「レッド・ノーズ・ディ」(Red Nose Day/赤鼻の日)です。「ピエロのような赤鼻をつけて人を笑わせよう」「そして、その赤鼻の売上は募金に」。

 つまり「楽しみながらチャリティを」というのが「レッド・ノーズ・ディ」のコンセプト。この日はCBBC(英国公共放送の子どもチャンネル)で長時間特別番組が放送され、募金を呼びかけています。

619X6fIQveL 2017年にその番組内で放送されたのが、『レッド・ノーズ・デイ・アクチュアリー』(Red Nose Day Actually)という15分の特別ドラマ。映画『ラブ・アクチュアリー』の13年後という設定で、リチャード・カーティスが書き下ろしたものです。

 出演者は前作と同じ。同映画のファンであれば必見のこのドラマは、内気な男性が片思いの女性にフリップ・ボードを使って気持ちを伝えるという、前作で印象的だったあの名シーンのパロディから始まります。

Red Nose Day Actually

https://vimeo.com/210205259

 機内安全ビデオから、英国人のチャリティに対する考え方、取り組みをうかがい知ることができるかもしれません。

※参考リンク

BAの企業広報ページ(英文)

BAのチャリティー活動「フライング・スタート」(英文)

Comic Relief(英文)

 

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ