誰が何を歌うのか?トランプ新米国大統領就任式典

2009年1月20日、オバマ大統領の就任式で愛国歌"My Country 'Tis Of Thee'"を独唱するアネサ・フランクリン(Aretha Franklin)

2009年1月20日、オバマ大統領の就任式で愛国歌”My Country ‘Tis Of Thee'”を独唱するアネサ・フランクリン

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米新大統領の就任式典が、2017年1月20日に米国国会議事堂前で行われます。

 現オバマ大統領の第一回目の就任式典(2009年)では、米国を代表するソウル歌手のアレサ・フランクリン(ArethaFranklin)が、第二回目の就任式典では歌手、ダンサー、そして女優でもあるビヨンセ(Beyonce)が、国歌などを独唱して、新大統領の就任を称えました。

 他方、トランプ氏の就任式は、同氏の人種差別や偏見を扇動するような発言などを理由に、多数の大物有名人が出席を辞退していることが報じられています。

 これまでに、名前が挙げられているのが、英国人歌手のエルトン・ジョン(Elton John)、カナダ人音楽プロデューサーのデイヴィッド・フォスター(David Foster)、ロックグループKISSのボーカルでボーカルのジーン・シモンズ(Gene Simmons)、映画『タイタニック』のテーマ曲などで有名なカナダ人歌手セリーヌ・ディオン(Celine Dion)、伊人のテノール歌手アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)等々。続々と不参加が告げられています。

 そんな中、条件付で参加を表明したのが、英国人歌手のレベッカ・ファーガソン(Rebecca Ferguson)です。

▼英オーディション番組に初出演した時のレベッカ・ファーガソン

先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ

71IkPKRP0HL._SL1431_

 彼女は1986年、ジャマイカ系の父と英国白人の母の間に生まれました。

 2010年、テレビ・オーディション番組『Xファクター』で準優勝、デビューアルバムの『Heaven』 は、全英3位、100万枚を超える大ヒットとなっています。

(映画『ミッション・インポッシブル』で、トム・クルーズと共演した同姓同名のスウェーデン人の女優さんとは別の方です)

 トランプ氏の就任会見について、1月2日彼女のTwitterに次のように投稿しました。

Inauguration ceremony

I’ve been asked and this is my answer. If you allow me to sing “strange fruit” a song that has huge historical importance, a song
that was blacklisted in the United States for being too controversial. A song that speaks to all the disregarded and down trodden black people in the United States. A song that is a reminder of how love is the only thing that will conquer all the hatred in this world, then I will graciously accept your invitation and see you in Washington.
Best Rebecca X

(就任式典/ご依頼のあった件、これが私の回答です。もし私が『奇妙な果実(strange fruit)』を歌うことを許してくれるなら、私はあなたのご招待を快くお受けして、ワシントンでお会いするでしょう。この曲は歴史的に重大な意味を持ち、米国ではあまりに大きな論議を呼んだため、ブラックリスト化されました。無視され踏みつけられた米国の全ての黒人に語りかける曲です。この曲はこの世界の全ての憎悪は、愛のよってのみ乗り越えることができることを思い出させてくれます。)

 『奇妙な果実(strange fruit)』は、アメリカの人種差別を告発する歌です。ニューヨークのユダヤ人教師エイベル・ミーアポル(Abel Meeropol)によって作詞・作曲されました。「奇妙な果実」とは、リンチを受けた後、木にぶら下けられた黒人の死体を意味しています。

 この曲は、1930年代、グリニッジ・ヴィレッジのナイトクラブ「カフェ・ソサエティ」の専属歌手として働いていたビリー・ホリデイ(Billie Holiday)が歌ったことがきっかけとなり、世に知られるようになります。この歌を歌うたびに、彼女はトイレに書き込み嘔吐していたとのことです。

 『奇妙な果実(strange fruit)』の歌詞を、ビリー・ホリデイが歌う動画とともに下記にご紹介します。

▽Billie Holiday – Strange Fruit
https://youtu.be/h4ZyuULy9zs

『Strange Fruit(奇妙な果実)』

 Southern trees bear strange fruit
 (南部の木には奇妙な果実がなる)
 Blood on the leaves and blood at the root
 (葉には血が、根にも血を滴たらせ)
 Black bodies swinging in the southern breeze
 (南部の風に揺らいでいる黒い死体)
 Strange fruit hanging from the poplar trees.
 (ポプラの木に吊るされている奇妙な果実)
 Pastoral scene of the gallant south
 (美しい南部の田園に)
 The bulging eyes and the twisted mouth
 (飛び出した眼、苦痛に歪む口)
 Scent of magnolias sweet and fresh
 (マグノリアの甘く新鮮な香り)
 Then the sudden smell of burning flesh.
 (そして不意に 陽に灼ける肉の臭い)
 Here is a fruit for the crows to pluck
 (カラスに突つかれ)
 For the rain to gather for the wind to suck
 (雨に打たれ 風に弄ばれ)
 For the sun to rot for the trees to drop
 (太陽に腐り 落ちていく果実)
 Here is a strange and bitter crop.
 (奇妙で悲惨な果実)

※日本語訳はWikipediaより

 さて、1月20日の就任式典では、だれがどんな曲を歌い、トランプ氏の就任を祝うのでしょうか。ぜひ、注目されてみてはいかがでしょうか。

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ