TED、プロから学ぶプレゼンテーションの秘訣~Jill Bolte Taylor

jill_bolte_taylor 右脳と左脳の働きの違いについての話を、よく耳にすることがあります。

 神経解剖学者のジル・ボルト・テイラーさんが、脳卒中の発作を通して、彼女自身が体験した出来事を語っています。

“Wow! This is so cool! How many brain scientists have the opportunity to study their own brain from the inside out?”

 すごい!自分の脳を内側から調べるチャンスに恵まれる脳科学者なんてそうはいない。

 しかし、彼女の話は単なる神経解剖学者としての解説から、平和へのメッセージへと繋がってゆくのでした。

 良いプレゼンテーションでは、聴衆もそのプレゼンの一参加者であるという雰囲気を作り、話題の中に巻き込んでゆくために、聴衆に質問を投げかけて行きます。テイラーさんも、クロージングでこんな質問をしています。

 ”Which would you choose? Which do you choose? And when?”

 さて、テーラーさんのこの質問のwhich(どちら)は、何を意味しているのでしょうか?

 また、”would you ~ ?” と言った後に、同じ質問を”do you ~?”で言い換えています。この二つの疑問文は、ニュアンスにはどのような差が生まれるのだと思いますか?

 これは、次回ETCマンツーマン英会話のレッスンで、先生に質問をしてみることにしました。

(※)関連リンク
wouldの使い方~事実とは関係なく想像で意見を言う

 
先生の自宅でゆったりマンツーマン英会話プライベートレッスン サービス内容・授業料時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ